テーマ:風景

栗の花と実

5月末から6月上旬に栗の花が咲きました 今年は豊作の気配がします 独特の匂い(臭い)がする穂のような雄花が咲くそして小さな雌花が咲く すでに花の根元にはイガの付いた実がついている 実が成長して 雌花が落ちてしまう 今年は栗が沢山成りそうです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキツユクサ

この時期 どこでも視かけるツユクサですが よく見てみると 色々な違いがありあります 花びらの数や色が微妙に違っている まだ眠っている花              明らかに色の薄い花 白い花 花の付き方の少し異なるものもあります 白い花でも ムラサキツユクサというのでしょうか …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アマビエ

アマビエ現れる? 先日 近くの公園の傍の木の幹に「アマビエ」のように思える像がうっすらと浮かぶのを見つけました 何時現れたのか定かではないのですが 新型コロナ感染退散吉兆と思いたいです 「アマビエ」と思うのは 私の気のせいでしょうか? あなたの近くには ありませんか? 「アマビエ」の言い伝え 肥後国海中江毎夜光…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花と蝶

モンシロチョウ モンシロチョウは大変不規則な動きをするので花の傍で待っていないと撮れません
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

iバス (アイバス)

団地の外周道路 公園のそばを通る市民バス いわゆるコミュニティバスです 市内を 数系統走っていて市民の足となっています この辺りは 概ね1時間に1度通ります
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

畑のタヌキ

いつもの散歩道の傍 畑への入り口に 狸の置物が 置いてありました それから暫くして そうですね1週間もしてからでしょうかいつの間にかその置物が無くなっていました 数日後 畑の親父さんは 其のタヌキの置物を返してほしいと 訴えました 小生は興味を持って注意していましたが それから1週間もしないうちにタヌキの置物が 元の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビワの時候

花が終わり実を付ける季節になりました ビワ 冬の内に花を付けていましたが もう食べ頃です つい先ごろまで花が咲いていたもの ミカン 柿
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

栗の花と虫

栗の花が咲いてきた 大きな雄花がまず咲きます そして独特の臭いがします 匂いと言いたいのですが 何とも言えない 臭い です この臭いに寄って来るのか 昆虫が 蜜を吸いにくる ベニカミキリ  キイロトラカミキリ コアオハナムグリ  等 雄花の根元付近に 雌花を見つけた これが栗の実になります …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニカミキリ

ベニカミキリが花の蜜を求めて集まって来る 蜜の豊かな花があるのでしょうか ある特定の場所に集まって来るようです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アベノマスク

本日 アベノマスクが届いた エゴノキの花も もう散り始めた  スイカズラが咲き始めた 緊急事態宣言も 全都道府県 解除になる  4月1日に配布を決めてから 約2か月です 一応 我が家は 東京都内です 郵便局も のんびり配達しているようです 全国津津浦浦に行き届くのは何時になるのだろう ユニクロが マスクを販売する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道端のカラスビシャク

ふと見るとウラシマソウに似たひも状のものを出している草を見つけました カラスビシャクでした 仏炎苞が小さくほっそりとしています茎もしっかりしていず周りの草に倒れ掛かっている葉も何枚かあるはずですが 周りの草に隠れてよくわかりません 踏み倒されたものもありました 畑では雑草だそうで繁殖力も旺盛だそうです …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平尾のフデリンドウ

平尾団地とその近辺にフデリンドウが群生している 4月桜が終わったころ 団地の桜の根元にフデリンドウを見つけましたが5月になって 本格的に咲いているのを見つけました フデリンドウは 団地のあちこち 団地の傍の公園など に生息しているのが分かりました COVID-19の緊急事態宣言で外出規制が出されている中で 近所の散歩で 気を付…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の花  2

近所の散歩道に咲く花 チュウリップ 市民農園の方が 手慰みに植えているようです   フデリンドウ団地や傍の公園の芝地に たくさん生えているのを見つけました  また 雑草がはびこる所では 小さな花なので成長できないようです オドリコソウ 白い ムラサキツユクサ紫色が退色したようになっていますもっと白い花もありますが 今年は見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の花 1

5月になってしまいましたが 4月の花 続きです 薬師池公園に咲いていたものです ミズバショウ   イチリンソウ イカリソウ ヤマルリソウ 大変小さな花で一寸注意していないと見逃がします ときわあけび むべ(郁子)アケビと同じような実を付けて 実が裂けることはないそうです まだ見たことはありません 雌雄があるそうです じゅ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月の花 藤

この春は COVID-19で不要不急の外出を控えようとのことでしたが そもそも小生は近所の散歩ばかりでしたいつもは誰もいない公園は子供ずれの家族が目立ってきました 我が家の近くでいち早く咲いていた 薬師池公園の藤  今年は花が遅い様だった 団地の公園の藤ツツジも咲いている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンデー毎日

新型ウイルス対策で外出 勤務制限が続いています以前は閑散としていた住宅地などの人出が増えています 以前は閑散としていた公園では 若い子供づれ夫婦が何組か集っていますいつも休憩するベンチも時々とられてしまいます 奥さん方はお互いに挨拶をかわしある若い旦那さんはこの日 公園デビューのようでした 自宅の前あたりで縄跳びをする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富士山と丹沢山系

富士山に加えて丹沢山系が冠雪しているこれまで気が付かなかったのですが 先日の寒い天気で冠雪したのでしょう 今日は3ケ月毎の血液検査です 幸い問題はありませんでした病院は増床工事で 我が家からの通院は少し大回りになったのですが 新しいその道では 富士山が見えます 病院は増床工事のおかげか 広くなり幸い広くなった分だけ来院者は分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナイカダ

ハナイカダの若葉が出てきた それぞれの葉にはしっかりと若芽がついている
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フデリンドウ

桜並木の花が散り緑になって 桜の根元にスミレとは少し異なる 紫色の小さなフデリンドウ(筆竜胆)が咲いている 花は日があたっている時だけ開くそうで 花が閉じた状態は筆先の形をした蕾状態になって閉じているそうです
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の雪

今年も桜が咲いているのに結構な雪がありました(3月29日) お昼ごろから雪になり早速近所に出かけました 何時もの散歩道です 畑の傍の桜     下平尾地蔵堂  傍らにはハナカイドウが5分咲きだった 平尾谷戸通  古民家の蔵  町内に戻って来る 掲示板と空き地の桜
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薬師池公園の桜

熱海寒桜が散り始めると ソメイヨシノ ヤマザクラが咲いてきた 薬師池に生える桜 池には 今年もカイツブリが巣をつくり すでに雛がかえっている 薬師茶屋の桜 紅いミツバツツジ 古民家の庭に咲くヤマザクラ 菖蒲田のヤマザクラ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜 修廣寺

修廣寺はウォーキングコースに入っていますが最近はご無沙汰していました 麻生川の桜並木の途中からそう遠くないところにあります 参道を行くとお地蔵さまが迎えてくれます 若き日の道元禅師の像  椎茸干しの故事  「他はこれ吾にあらず、さらにいずれの時をか待たん」
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福寿草の実

桜の季節になって 福寿草は葉を伸ばし緑いっぱいになっています よく見ると 丸く刺の付いた実を付けてきました この後 実はどんなになっていくのか  少しずつ変化していき また来年の花を咲かせるのでしょう 柿や栗などは実の方が注目されますが 食用にならない物 観賞されない物などは 花が終わると見向きも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真展

「我が街 稲城」 城山フォトクラブの写真展が 3月29日まで 稲城長沼駅傍のペアテラスで開催されています (ペアテラスは稲城市の観光拠点) 今回のテーマは「稲城の桜」です つい最近 駅前の広場が整備されて 「装甲騎兵ボトムズ」で、主人公が乗り込む" スコープドッグ " が設置されました
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カタクリの花

今年のカタクリ 少しローアングルで 撮ってみました 北斜面に生えていてどうしても逆光になってしまいます 萬葉草花苑にも「堅香子の花」(カタカゴ)として大伴家持が詠んだ歌として紹介されています     もののふの 八十娘子らが 汲み乱ふ                       寺井の上の堅香子の花 (もの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more