井の頭自然ウォーク H27 8月

猛暑の中 玉川上水の木陰を歩くコースでした  (8月16日)

コース概要
井の頭公園→万助橋→三鷹駅→桜橋→境橋→小金井公園→梶野橋→梶野公園→東小金井駅

井の頭公園の御殿山から万助橋に出て 玉川上水に沿って 自然文化園の側を進む

画像
金網の向こうは自然文化園

犬むすびの松
画像
伝承によると この辺り住み着いた「山犬」と呼ばれたオオカミの親子が田畑を荒らすキツネやタヌキを退治しあがめられていた
そのオオカミが死んだとき上水沿いの松の木の根元に葬った
このオオカミ信仰は昭和15年頃まで続いていた
松の木は松くい虫などの被害で伐採されてしまったが この言い伝えの伝承のためここに新たに松が植えられた (武蔵野市の民話)

三鷹駅の北口 国木田独歩の詩碑
画像
 「山林に自由存す」

三鷹駅を過ぎて境浄水場のそば
画像


浄水場を過ぎるあたり桜橋がある
更に進んだところに独歩橋がありここにも国木田独歩の碑がある
画像
この碑については以前にも1度紹介しました

上水沿いの道は狭い所では雑草が茂っていて道を覆っている
画像


朽ちた杭
画像
上水の古い土手を造った時の杭でしょうか

小金井公園
バーベキューを楽しんでいる
画像


小金井公園からは梶野橋を渡って東小金井駅の傍の梶野公園に向かう

用水跡に沿った所にある庚申塚
画像
市杵嶋神社入口にある
東小金井駅はもう近い

今回 主催者は暑さを考慮して木陰の多い道を選んでくれたようです



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック